英語だけ? んなわきゃない Any abusive messages will be deleted *lol*


by johandoesakajd
カレンダー

<   2004年 12月 ( 51 )   > この月の画像一覧

今年もあと少し

タイトルのままです。
他に言いたい事はありません。

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-31 23:55 | 日の常と書いて日常だよ
はい、やって参りました。

この記事を書いているのは12月31日午前1:50頃です。

昨日、何やってたかなぁ・・・。 思い出せないなぁ・・・。

思い出せても書きませんけどね。 :P

それでは。
[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-30 01:00 | しょっぱ!

およそ5年間

薄っすらと雲がかかったような私の記憶
大切な事もあっただろうに
はっきりと思い出せない

いや、もしかしたら
思い出したくないのかもしれない

あの時何があったのか
思い出したいのに
思い出せない

結局思い出せないから
思い出したくないって勝手に決めてた自分

あの時と同じ時間は
もう二度と戻ってこないのにね

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-29 02:40 | つぶやき

この涙は何の為
誰の為にあるのか

人の為
それとも
自分の為

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-28 20:00 | つぶやき

Androgynous



注: 私は同性愛者ではありません。


こちらの説をご覧下さい。


私の体の一部はどこに行ったのか
もう出会っているのか
すれ違ってしまったのか

私達は引き裂かれ
一人になってしまった
傷跡を残して

いつになったら
願った日々がやって来て
また「一つ」になれるのか

私は当て所なく歩き
彷徨い
希望を失う

君はどこに居るのかと
考えながら
一つずつ息を数える

寂しさの刃の切れ味は
この季節の風ように
途轍もなく冷たい

一人で君を待つ私は
その寒さに凍えそうで
背中の傷が痛み出す

一人で私を待つ君も
この寒さと 引き裂かれた傷に
涙を流しているのか

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-28 02:41 | つぶやき

まただよ

昨日と同じ過ちさ。
[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-27 00:00 | しょっぱ!

黙っていてくれ

いや、26日の分を書き忘れてただけなんですけどね。

しょっぱ!&ぱりんらぴんちょ!

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-26 00:00 | しょっぱ!
ところで皆さん、"a"と"the"の違いってわかります?

模範解答
[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-25 03:25 | ちょっと真面目に英語について




私は怒っています!!!






ムッキーーーーーーーーーー!!! お猿さんがこ~ろんだ♪←意味不明。

最近物忘れが激しいお年頃(←どないやねん!)なので
詳しい事は忘れましたが(←それならソースひっぱってこい)
千葉県で女子高生が亡くなりましたね。

しかも、その女性を殺害した男の内の一人は
どうやらblue gangらしいです。
青ギャンってやつですか?
ニュースで見ました。

色なんて正直言ってどうでも宜しい。

チームカラーの意味ってわかってるんですかね?
クリップスとブラッズってわかってますかね?

私は昔気質な為、何に対してもプライドを求めます。
古き良き時代の"任侠な方々"にはプライドめいた物があって宜しい。
しかし、最近の若者はギャングである事に誇りを持っていますか?

ギャングなんて物は良いはずがありませんが、
最低限のルールさえあれば
今回の事件も起こらなかったような気がします。


そう、一番問題なのは、一般人を殺した事。

ギャング同士で暴れるのは別に構いません。
勝手にやって、勝手に死んで下さい。

しかし、一般人に手を出すのはどうかと・・。

あんた達しょっぱいんですよ。
一人で何ができるのか、試してみなさい。

そうだ、今度月に向かってジャンプしてみるといい。
きっと、自分の弱さがわかるから。

反省しなさい!

なんて事を書くとお説教みたいなのでやめます。←やめちゃったよ・・。



私もどちらかと言うと、何かこう、あれですから。(←何だよ!)
actually, im lookin like a freakin fierce hood.

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-25 02:41 | 怒りと哀しみと

この静寂の先に

人々が寝静まる頃
私は少し かすれた声で
遠吠えする

眠っている時は 皆
子供みたいに 無垢な顔をしていて
その愛しさに 負けそうになる

私の親友は
孤独と言う名の 光と影
私は甘んじて抱き寄せ 抱きしめる

私の手元には
狂った世界が転がっていて
そっと覗いて見る

私の遠吠えが大きくなると
皆が起きてしまうから
私は一人 ここで一人

立ち尽くして
何時癒えるとも知れぬ痛みを
痛みを叫ぶ

願わくば この静寂の先に
この静寂の闇に
声がかき消される事を願わん

[PR]
by johandoesakajd | 2004-12-25 02:10 | つぶやき